バイナリーオプションはローソク足だけで勝てる!?その内容を検証!

今回もブログを読んでいただきありがとうございます。

今回はローソク足についてまとめてみました。

 

バイナリーオプションに限らず、

  • FX

などに必須のローソク足。

 

でも、初心者の人には何がなんだかわかりにくいと思います。

もちろん、私もバイナリーオプションを始めたときはそうでした。

 

そこで今回はバイナリーオプションにローソク足の見方について初心者のためにまとめてみました。

是非最後まで読んで勉強してみてくださいね。

 

そもそもローソク足とは?

株やFX、バイナリーオプションを始めようとしたことがある人は、今までに上記のような棒の形状を見たことがあると思います。

これがローソク足です。

 

でも『一体何がわかるの?』と思いますよね。

実はこの棒1つとっても様々なことがわかります。

 

ただ、説明を始める前に基本的な用語を知っておくとより理解しやすいので、解説したいと思います。

  • 始値(はじめね)・・・一定期間(例えば1分など)の最初の値段
  • 終値(おわりね)・・・一定期間(例えば1分など)の最後の値段
  • 高値(たかね)・・・一定期間(例えば1分など)の中で1番高い値段
  • 安値(やすね)・・・一定期間(例えば1分など)の中で1番安い値段

です。

この内容を覚えていただき、これからの説明を読み進めていただければと思います。

 

ローソク足の基本的な見方

こちらがローソク足の基本的な見方になります。

でも『これだけでは意味がわからない』と感じる人も多いと思います。

 

ですので、別の画像を使いながら解説していきたいと思います。

 

陽線の基本的な動き方

画像引用:https://wp.me/p9CE2P-82

始値より終値が高くなった場合のイメージ図です。

 

また上ヒゲが長ければ長いほど高値から下がっているので、下落のサインと言われています。

それは3つのローソク足の動きがあり、以下の画像のようなイメージです。

画像引用:https://wp.me/p9CE2P-82

こちらは始値より終値が安くなった場合ですね。

しかも、高値から急降下していますので下落する力が強いと言えます。

 

画像引用:https://wp.me/p9CE2P-82

こちらも同じですが、先程と比較すると陽線のまま終わっています。

ですが、このように上ヒゲが長いということは下落する力が強いということを意味するので注意が必要です。

 

画像引用:https://wp.me/p9CE2P-82

このように上ヒゲが長かったが結局は下がってしまった場合も下落の力が強いと言えますので注意が必要です。

 

では、これらの陽線と比較し陰線の動きはどのような動きをしているのでしょうか。

こちらもイメージ図を使って解説したいと思います。

 

陰線の基本的な動き方

画像引用:https://wp.me/p9CE2P-82

始値よりも終値が低く動いた場合のイメージ図です。

こちらは先程と逆で下ヒゲが長ければ長いほど上昇のサインと捉えることができます。

 

この上昇サインを読み取るには先程と同じように3つのローソク足の動きがあり、以下の画像のようなイメージです。

画像引用:https://wp.me/p9CE2P-82

こちらは、始値よりも終値が高くなった場合ですね。

しかも、安値から上昇し高値で終わっていますので上昇する力が強いサインと言えます。

 

画像引用:https://wp.me/p9CE2P-82

こちらは、一旦安値まで大きく下落していますが、その後上昇しています。

ですので、こちらも上昇する力が強いと言えます。

 

ただ、陰線で終わっているので、次のローソク足の動きに注意が必要です。

 

画像引用:https://wp.me/p9CE2P-82

こちらも同じですね。

始値⇒安値⇒上昇し始値=終値で終わっていますので、上昇の力が強いと言えます。

 

ですので、このように下ヒゲが長いと上昇する力が強いと捉えることができるので意識してローソク足をみることをおすすめします。

 

陽線でも陰線でもない場合のローソク足の見方

画像引用:https://wp.me/p9CE2P-82

こちらは様子見のサインと言われています。

この十字架のようなローソク足が出たら要注意です。

 

なぜなら、トレンドの転換と言われているからです。

トレンドの転換とは、

  • 上昇トレンドから下降トレンドへ
  • 下降トレンドから上昇トレンドへ

移行することを言います。

 

つまり、このような十字架のローソク足が出るということは相場がどちらの方向へ移行しようか迷っていることを表しています。

私のおすすめはこういう状態では『エントリーしない』ことをおすすめします。

 

なぜなら、根拠がないからですね。

あせらずともチャンスは必ず来ます。

 

ここぞ!』というタイミングでエントリーできるように、無駄な資金は減らさないように心がけるといいでしょう。

 

最後に

いかがでしたか。

今回はローソク足の基本的な考え方についてまとめてみました。

ローソク足は『投資家心理の表れ』と言われています。

 

ですので、冷静に一歩引いて見ることをおすすめします。

間違っても、

  • 連続して陽線が続いているから次は陰線がくるはず
  • 下降が3回続いたから次は上昇するはず

などと根拠のない取引はやめましょう。

 

間違いなく破産してしまいます。

もしエントリーするか迷った場合は『エントリーしない』ことを選択することをおすすめします。

なぜなら、相手はプロの投資家達です。

 

素人の心理など手に取るようにわかる人達です。

だからこそ、下手に勝負を挑むと負けてしまいます。

 

必ず負けない戦いをすることを意識してバイナリーオプションに取り組みましょう。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事があなたのバイナリーオプション投資のお役に立てれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)