意外と理解できてない!?バイナリーオプションの正しい逆張り手法

こんにちは。

この記事では、バイナリーオプションの取引手法である「逆張り手法」について説明したいと思います。

この記事を書こうと思ったわけですが、逆張りでトレードされている方の中で、逆張りに向いてない相場でも逆張りでエントリーしてしまい負けてしまっている方や、逆張りの特徴をあまり知らずにトレードされている方が多いと感じましたので皆さんに逆張りについてしっかり理解してもらうため今回は逆張りについてお話しようと思います。

そのため、これから逆張り手法を使ってトレードしていこうと考えている方逆張り手法を使っているけどなかなか上手くいかない、なんてかたは、この記事を参考にして頂いて普段のトレードに役立ててもらえたらと思います。

そもそも逆張りって何?

バイナリーオプションの手法において「逆張り」は何を指すのか?

あまり投資の知識のない人からしたら、単純に「今の相場の逆方向にBETする」ことをイメージされる方が多いのではないでしょうか?

しかし、この程度の理解力では逆張りを理解しているとは全く言えません。

この逆張りという手法は、

今の相場がどこまで上昇もしくは下降するかを分析し、

上昇している相場の最終地点でLowでエントリー

下降している相場の最終地点でHighでエントリー

という風にトレードしていくことを逆張りと言います。

このことをしっかりと理解していない方ですと、ひたすら上昇していく相場に対して逆張りをして負けてしまったり、さらに追い続けてナンピンして資金を溶かしてしまいます。

そのため、「反転する相場の最終地点」を見抜く力が必要となる手法になります。

それでは最初に、「逆張りはどのような相場で有効なのか」について説明していこうと思います。

逆張り手法が通用しやすい相場とは?

どのような相場が逆張り手法に向いているのか、、、

単刀直入に言うと「レンジ相場」が逆張り手法に向いています。

そもそもレンジ相場ってなに?

と、言う方の人のために、レンジ相場の例を持ってきました。

こちらをご覧ください。

そのような相場をレンジ相場と言います。

分かりやすく説明すると、

一定の幅の中で上昇下降を繰り返している相場

というとわかりやすいでしょうか。

ご覧の通り画像では一定の幅の中で上昇下降を繰り返していると思います。

逆張り手法では、この一定の幅内の最終地点で逆方向にエントリーしていく手法です。

そのため、一定の幅が特に作られていない相場や値動きがほとんどない相場は相場の最終地点を見極めることが困難ですので、逆張り手法には向いていない相場ということになります。

チャートがレンジ相場を形成しやすいタイミング

逆張り手法に限らず様々な手法が効きやすいような時間帯が存在します。

バイナリーオプションを逆張り手法でトレードされている方の中で、

めったにレンジ相場なんて見ないけど?

っとお話される方をよくみかけます。

その方々の顔ぶれを見ると、大体日中にお仕事をされていて仕事終わりの夕方以降にトレードをされている方を多くお見受けします。

しかし、レンジ相場を形成しやすい時間帯は、日本人の方が日中お仕事をされていることの多い「東京市場」(9:00~15:00)に形成されやすいです。

ですが、東京市場の時間帯しかレンジ相場にならないというわけではなく、夕方や夜中にもレンジ相場を形成することはあります。

なので日中だけしかレンジ相場は形成されないというわけではありませんが、日中はレンジ相場を形成しやすいことは覚えておくと今後のトレードの役立てて頂けるでしょう。

上手く逆張り手法を行うには?


ここまでの説明で逆張り手法は、

  • 「反転する相場の最終地点」で逆方向でエントリー
  • 「レンジ相場」が有効

ということを説明してきました。

そうなると次は、

レンジ相場から反転する相場の最終地点を見つける

この作業が必要になります。

レンジ相場の相場の最終地点の見つけ方は、水平線を引くととても分かりやすいです。

水平線を引いてトレードしていくことを、「ライントレード」と言います。

ここからは、その「ライントレード」の仕方について解説していきます。

 

水平線の引き方

まず最初にどこに水平線を引いていくかが重要です。

水平線を引いていくポイントは、

過去に何度も反発しているところ

です。

上の画像のように、同じような価格で何度も反発しているようなポイントがあります。「何度も反発している価格帯は強い抵抗体があるポイント」として反発する可能性が非常に高いです。

過去に遡って反発している回数が多い価格帯ほど「反転する相場の最終地点」としての強い根拠となります。

逆張りをする上で有効なインジケーター

バイナリーオプションを逆張り手法で攻略して行く上で欠かせないものは、「水平線」と「インジケーター」です。

トレードがものすごく上手な人では、ろうそく足と水平線を使うだけで勝率80%以上だせる人もいるようですが、どれだけ上手な人でも最初はインジケーターを使ってトレードしています。

そこで、ここからは、逆張り手法でトレードしていく中で、よく使われるおすすめインジゲーターを3つ紹介していきます。

その1:ボリンジャーバンド

このインジケーターは、一定期間の移動平均線(真ん中の線)に対して偏差値分を上下に広げた線のことです。

上の画像の白い点線は、偏差を2に設定しており、トレーダーの中では
2σ、-2σ(シグマ)」と呼ばれております。

また、上の画像の一番外側のオレンジの線は、偏差を3に設定しており、
3σ、-3σ(シグマ)」と呼ばれます。

一般的には、この2σと3σを多くのトレーダーが活用しております。

どうやってこのボリンジャーバンドを使ってトレードしていくかというと、相場の値動きがボリンジャーバンドのライン内に収まる確率を見て相場の反発地点を狙っていきます

2σや3σにはそれぞれ相場の値動きが各σのライン内に収まる確率があります。

  • +-2σ内:95.5%
  • +-3σ内:97.7%

確率の数値を見てみると非常に高い確率で2σや3σ内で値動きが行われていることがわかります。

ということは、「値動きが2σや3σの外に出た時に逆張りでエントリーしたら勝ちやすい」ということになります。

ですが、ボリンジャーバンドの外に値動きが上回った場合でも、必ずすぐに反発する訳ではないので注意が必要です。

その2;ストキャスティクス

ストキャスティクスは、オシレーター系のインジケーターの中では、1、2を争うくらいの人気を誇ります。

このインジケーターでは、通貨の「売られすぎ」と「買われすぎ」の傾向を表してくれます。

売られすぎの基準は、下の20%と書かれている点線を下回った時なので、点線を下回った時にHIGHエントリーする。

買われすぎの基準は、上の80%と書かれている点線を上回った時なので、点線を上回った時にLOWエントリーすると勝ちやすいでしょう。

ただし、こちらもあくまで相場が転換する目安なので、ストキャスティクスだけを根拠にエントリーは控えましょう。

 

その3:MACD

こちらのインジケータは、移動平均線を元にして2本のラインの乖離を示したインジケーターです。

チャートに3つのライン(シグナルライン、MACDライン、0ライン)を表示して分析をします。

MACD線が上向きな時は相場も上昇する傾向にあり、MACD線が下向きな時は相場も下降していく傾向にあります。

基本的なMACDの使い方は、MACD線がシグナルラインとクロスした時を見ます。

上の画像のようにMACD線がシグナルラインを下から上方向に突き抜けた時が買いのタイミングです。

このことを「ゴールデンクロス」と言います。

逆にMACD線がシグナルラインを上から下方向に突き抜けた時が売りのタイミングです。

このことを「デッドクロス」と言います。

MACDを使うときに非常に大事になることは、ただクロスしていればいいという訳ではなく、ライン同士が「クロスしている角度」が非常に重要になります。

クロスしている角度が90度に近いほど角度が急なほど、信ぴょう性の高いクロスです。

なので、ゴールデンクロスやデッドクロスをしているからと言ってすぐエントリーしてしまうのではなく、勝ちやすい角度を分析してエントリーしていくことが大事になります。

インジケーターを組み合わせて使う

インジケータは、トレードを行う上で非常に強力な武器になります。

しかし、一つのインジケーターだけを根拠にエントリーしていくより、複数のインジケーターの根拠を見つけてエントリーしていく方が負けるリスクを減らすことが出来ます

また、先ほど説明した水平線のある場所も大きな根拠の一つとして活用できるので、

複数のインジケーターの根拠 + 水平線のある場所

で、エントリーしていくと優位に逆張り手法で攻略していけるでしょう。

逆張り手法のまとめ

あなたがこれからバイナリーオプションを逆張り手法で攻略していく上で、基本的な方法や知識を説明してきました。

これから逆張り手法でトレードを行っていくのであれば、まずは勝ちやすい相場や勝ちやすい時間帯で慣れるまでエントリーしていき、成功体験をたくさん積んでいきましょう。

また、無理なトレードは禁物ですが慣れてきたら、ロンドン市場やニューヨーク市場などの時間帯でも相場の状況が良ければ、反転する相場の最終地点を見極めながら逆張り手法で攻略できるようになるとより稼げる額が増えていきます。

しっかりと分析と検証を重ねて、あなたも逆張り手法を極めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)