バイナリーオプションで必須のテクニック!テクニカル分析とは!?

バイナリーオプションを取り組むと様々な用語が出てくると思います。

 

その中で特に重要なのが、

  • テクニカル分析

という分析方法になります。

 

ですが、バイナリーオプション初心者の人にとっては『テクニカル分析って一体何!?』という感じではないでしょうか。

そういう私もバイナリーオプションを始めたときは全くもって何のことかわかりませんでした。

 

そこで、今回のブログはそのテクニカル分析について様々な角度からまとめてみました。

是非最後まで読んでバイナリーオプション投資に必須のテクニカル分析について理解を深めてくださいね。

 

必ず役に立つ!テクニカル分析とは?

まずはテクニカル分析とはどういう分析方法なのか見てみましょう。

 

そもそもテクニカル分析とは、

  • 最適なタイミングでエントリーするための分析

になります。

 

??当たり前じゃないか!』と思われたかもしれません。

その当たり前の状態を計算から導き出し、『より負けない投資をするための分析方法』がテクニカル分析なのです。

 

つまり、勝つためというよりも負けを回避する(その結果勝つことが多くなのですが)ための分析方法になります。

 

その具体的な分析方法は、過去の値動きから今後の相場を予測するというものです。

では、そのテクニカル分析に最低限必要なインジケーターを紹介したいと思います。

 

テクニカル分析に最低限必須のインジケーターとは!?

そもそもインジケーターとは一体何なのでしょうか。

インジケーターとは英語でindicatorと書きます。

その意味は『指標』や『指示器』と言った意味になります。

 

つまり、エントリーするかどうかを判断するための指標ということですね。

いくつかインジケーターがあるので、最低限押さえておくべきインジケーターを紹介したいと思います。

 

インジケーター:移動平均線

これはバイナリーオプションだけではなく、株やFXに投資をするとしてもなくてはならないものですね。

ちなみに、移動平均線がわからない人のために下記の画像をご覧ください。

この折れ線グラフが移動平均線になります。

この折れ線グラフの考えて方は非常にシンプルです。

 

一定の期間、例えば10日間や25日間などの期間の終値の平均値の点を線でつなげたものです。

これがすべての基本となり、バイナリーオプション投資で大きく稼ぐ人はこの移動平均線の値動きだけで次の値動きがわかると言われています。

 

ですので、必ず覚えて欲しいインジケーターの1つになります。

 

インジケーター:ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは1980年台にジョン・ボリンジャー氏が考案したインジケーターになります。

その特徴は、移動平均線に上下にある一定の数値を加え算出した線のことです。

 

イメージしやすく言うと、移動平均線の進化版で、その数値により

  • 買われすぎ
  • 売られすぎ

がわかるようになります。

 

そして、その見方は、

移動平均線を中心に、上下に3本ずつあり、合計で7本の線で構成されます。

移動平均線の上下1つ目の線を『1σ(いちしぐま)』と呼び、上の線は+1σ、下の線は−1σと表記します。

 

そして、よりこのボリンジャーバンドを知るために以下の表をご覧ください。

ボリンジャーバンド 確率
±1σ 68.27%
±2σ 95.45%
±3σ 99.73%

 

例えば、『±2σだったら95,45%の確率でバンド(帯)の中に戻りますよ』という指標になります。

さらに、『±3σであれば、99.73%の確率でバンド(帯)の中に戻りますよ』という感じですね。

 

ですので、買われすぎ売られすぎをより統計的に判断することが可能です。

是非活用してみてくださいね。

 

インジケーター:RSI

RSIの読み方は『アールエスアイ』と読みます。

英語の意味は『Relative Strength Index』の頭文字をつなぎ合わせたもので、日本語では『相対力指数』と呼ばれています。

 

でもこれだけでは、わかりにくいですよね。

具体的に説明したいと思います。

 

このRSIはどのようなインジケーターかというと、

  • 買われすぎ
  • 売られすぎ

がわかる指数になります。

 

RSIは0〜100の数字で表され、数字が100に近くなればなるほど買いの勢いが強く、0に近づけば近づくほど売りの勢いが強くなります。

 

つまり、100になれば買われすぎ、0になれば売られすぎを表すということです。

 

そして、もう1つ大切な数字があります。

それは、

  • 70%
  • 30%

です。

 

70%以上で買われすぎ、30%以下で売られすぎと判断することができます。

そして、間の50%が買いの勢いと売りの勢いが半分ずつという状態ですね。

 

基本的な考え方では、上昇トレンドではRSIが50%以上で推移し、下降トレンドではRSIが50%以下で推移することがあります。

ですので、覚える数字としては、

  • 70%
  • 30%

を覚えておくと良いでしょう。

 

最後に

今回はテクニカル分析に最低限必要なインジケーターを紹介しました。

 

テクニカル分析は今回紹介しました、

  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • RSI

だけではなく、様々なインジケーターが示す過去の指標から状況を判断し、エントリーするべきかどうか判断します。

 

ですが、まず初心者の人は上記の3つを必ず覚えるようにしましょう。

はやる気持ちもわかりますが、負けない戦いをする必要があります。

 

なぜなら、負け続けると資金を失ってしまいエントリーしたくてもできない状態になってしまうからです。

ですので、1つ1つ確実に自分の知識とし、使いこなせるようにすることが大切です。

 

そして、その学んだ知識をぜひ友達に教えてみてください。

アウトプットすることで知識が脳により定着します。

 

ぜひ試してみてくださいね。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

このブログがあなたのバイナリーオプション投資のお役に立てれば幸いです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)